データ作成上の注意



お客様の入稿したデータを適正な印刷仕上りにするためご協力をお願いいたします。弊社の印刷システムに合わせたデータの作り方を下記に記載いたしておりますので、これらを参考にしてデータの作成を頂けますと幸いです。
間違ったOSやアプリケーションのバージョンで印刷をしますと、不備を起こす可能性がありますので、トラブル防止のため、OSとソフトのバージョンの記載を(注文フォームにて)必ずお願い申し上げます。

Contents


▲上へ戻る


PDFデータ作成について

PDFデータ作成はAcrobat Distillerソフトからの変換を推奨いたします。

弊社のプリントシステムはAdobe社のPostScript形式を採用しておりますので、Windows版Office系データのPDF変換にはAdobe社のAcrobatを使用されることをお薦めいたします。一般の無料ダウンロードできるPDF変換ソフトもありますが、これらを使用したPDFデータは印刷時にフォントなどのトラブルを起こす場合もありますので、あまりお奨めできません。
印刷ご注文のお客様はPDF変換料無料!OfficeデータをPDF化できない方はOfficeの生データを送って頂けましたら弊社でPDF化します。


▲上へ戻る


WIndows版Microsoft Office系アプリケーションでのPDF変換の設定

1.各ソフトのデータを開く
2.印刷→プリンタ名
(Adobe PDF又はAcrobat Distiler)を選択

3.プロパティ→Adobe PDF設定
PDF設定→詳細設定→一般ジョブオプション印刷品質→プレス品質を選ぶ(印刷に適した高品質の設定です)

4.フォントの設定
全てのフォントを埋め込んでください。



5.フォントのダウンロード設定
プロパティ→用紙品質→詳細設定→TrueTypeフォントはソフトフォントとしてダウンロードを選択

6.色の変換設定
カラーはカラー、白黒は白黒でそれぞれに設定し、変換してください。カラー白黒混在の場合も別々の設定で行ってください。

 

▲上へ戻る


Word/Excel/PowerPoint/一太郎などOffice系データ作成について

OS、アプリケーションのバージョンについて

お客様のパソコン環境と弊社のWindows、または使用アプリケーションのバージョンが合わないと、レイアウトが崩れて印刷されてしまう危険がありますので、OSのバージョンとWord等のアプリケーションのバージョンをしっかりと明記してください。

フォントについて

OSに標準搭載されているTrueTypeやOpenTypeのフォントは印刷されますが、弊社ではDynafont・NISフォントを使用しています。その他のフォントを使われた場合、フォントが置き換わって印刷されてしまう可能性があります。
特殊フォントをご使用の場合は、照合いたしますので、事前にご連絡をお願いします。

ページ設定について

基本的にWordやExcelなどは実際の印刷サイズ(原寸)でデータを作ってください。ただし、大判ポスタープリントはA4やA3からA1判~などに拡大プリントすることは可能です。また、A0サイズ以上の拡大プリントの場合は拡大率が大きくならないように元データをA3で作って頂きますとよろしいかと思います。大判プリント用に作られたデータを拡大プリントする場合、使用画像が粗れないよう画像解像度に注意してください。実際の印刷サイズ(原寸)で解像度が180dpi位が推奨値です。ネット上からダウンロードする画像は72dpiが多く、印刷には適しませんのでご注意してください。

その他の注意点

図形等の塗りつぶしの際、「透過性」オプションは使用しないで下さい。透過が反映されずに、塗りがきれいに出ません。
余白は上下左右5mm程度は確保してください。0mmなど、短く余白を設定されますと、出力の際にレイアウトが崩れる恐れがあります。


※PowerPoint ページ設定について注意点

PowerPointのページ設定の基本はスライドのサイズ指定が「画面に合わせる」になっております。このままの設定で印刷をいたしますと印刷可能範囲が幅19.05cm高さ25.4cmとA4サイズの中面に印刷され、余白がかなり多く印刷されてしまいます。

A4サイズ一杯に印刷するにはページ設定を下の画面のようにスライドのサイズ指定を「ユーザー設定」にし、幅21cm×高さ29.7cmに設定しなおしてください。そうしますとA4サイズにほぼ全面に印刷されます。(ただし余白は周りに4~5mm付いてしまいますのでご了承下さい)

 

▲上へ戻る


Illustratorデータ作成について

  1. イラストレーターの保存形式は.ai、又は.epsでお願いします。
  2. レイヤーが複数ある場合は必ず統合してください。
  3. フォント(文字)はアウトライン化をお願いします。
    アウトライン化しない場合、弊社とお客様のフォント環境が違う場合、文字バケになる事があります。
  4. カラーモードはCMYKがベストです。
    RGBでも印刷は可能ですが印刷時には自動的にCMYKに変換されます。
  5. ドキュメントサイズは原寸でお作りください。
  6. 仕上がりトンボはフィルタの「トリムマーク」を使って作ってください。
    トリムマークでのトンボの作り方は長方形ツールで仕上がりサイズを決め、四角をクリックして
    「フィルタ」→「クリエイト」→中の「トリムマーク」を選択しますと、トンボができ上がります。
  7. 絵柄が仕上がりトンボよりはみ出ている場合は、マスク処理で余分な絵柄を隠してください。
    マスクのかけ方は「オブジェクト」→「マスク」→作成
     
  8. 断切り絵柄の場合は、仕上がりサイズより3mm外(外トンボ)まで絵柄を伸ばして塗り足しをお願いします。


  9. 画像について


  10. イラストレーターの中の画像は必ず埋め込みをお願いします。
    ※埋め込みの方法は「リンクウィンドウ」で画像を選択して「画像を埋め込む」を行います。

  11. イラストレーターに配置する画像の保存形式は以下の保存形式となります。
    Ver.8.0~10.0の場合カラーモードCMYK
    ファイル形式EPS
    プレビューMAC:8bit/pixel
    WIN→TIFF(8bit/pixel)
    エンコーディングバイナリ
     
    Ver.CS~CS6の場合カラーモードCMYK
    ファイル形式PSD
  12. Illustrator9J以降で使用できる"透明"機能を使用の場合に透明が反映されない場合があります。
    なるべく透明機能を使用しないか、ラスタライズ化して下さい。

▲上へ戻る


Photoshopデータ作成について

  1. 画像サイズは原寸でお作りください。

    画像の解像度は

    ・大判プリントは原寸で150~180dpiで作成して下さい。
    ・チラシ、冊子印刷などは原寸で400~600dpiで作成して下さい。 
    ※拡大・縮小も可能ですが、画像品質が劣化する場合があります。
  2. カラーモードはCMYKがベストです。
    RGBでも印刷は可能ですが印刷時には自動的にCMYKに変換されます。
    RGB画像からCMYK画像に変換された場合はカラーバランスが変わる事があります。
  3. レイヤーが複数ある場合は必ず統合してください。
  4. フォトショップの保存形式は.psdまたは.epsでお願いします。
    ※JPEGデータ(.jpg)の場合は、画像オプションを「高画質」もしくは「最高画質」保存でお願いします。

    Ver.5.5~7.0の場合カラーモードCMYK
    ファイル形式EPS
    プレビューMAC:8bit/pixel
    WIN→TIFF(8bit/pixel)
    エンコーディングバイナリ
     
    Ver.CS~CS6の場合カラーモードCMYK
    ファイル形式PSD
     
    カラーモードCMYK
    ファイル形式EPS
    プレビューMAC:8bit/pixel
    WIN→TIFF(8bit/pixel)
    エンコーディングASCII


▲上へ戻る



ご注文について
ご注文方法
納品・納期について
お支払いについて
宅配料金について
キャンセル・返品
データ入稿について
入稿方法(データの送信方法)
データ作成上の注意
対応ソフト
データの圧縮方法